目的に応じた筋トレの重量について~兵庫県メンズフィジーク初代チャンピオン 片岡店長が教える筋トレ~

トレーニーの皆様、2020年もうあと僅かになりましたね。

 

寒い日が続いてますが、体調管理には、十分お気をつけて、頑張っていきましょう!

さて今回のブログでは、それぞれ目的があって、筋トレをされていると思うので すが、やり方が変わってきますので、その事についてお話したいと思います。

 

目的に応じた筋トレの重量について~兵庫県メンズフィジーク初代チャンピオン 片岡店長が教える筋トレ~

 

 

まず目的に応じた筋トレを、大きく3つのグループに分けてみます。

 

  1. 筋肥大 =筋肉を大きくする。
  2. 筋力アップ = 筋肉の力を強くする。
  3. 筋持久力 = 筋肉が力を出し続ける時間を長くする。

 

次にこれら3つのグループの負荷・回数についてです。

 

● 筋肥大を目的とした筋トレ

負荷 80~75%

回数 8~10回

 

● 筋力アップ、挙上重量のアップ

負荷 100%~90%

回数 1回~4回

 

● 筋持久力の向上

負荷 65~50%

回数 15~30回

 

まあ、ざっくりとこんな感じです。

 

 

【 まとめ 】

筋肥大の目安は、マックス1回上がる重量の80%の重量で8回~10回行うという事です。

マシンで1回上がる重量が30kgなら24kgで8回~10回することが、一番筋肥大しやすい重量です!

 

 

 

著:Be-fit light24 川西能勢口店

https://be-fit-light.jp/kawanishi/

Author: bfl-muscular

一緒に理想のカラダ作りを目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA