食べて痩せる。そんなこと可能なの? ~ 兵庫県メンズフィジーク初代チャンピオン片岡店長が教える筋トレ

食べて痩せる。そんなこと可能なの?

トレーニーの皆様、お疲れ様です。

今日は、タイトルにもあります通り、食べて痩せる方法についてお話したいと思います。
まず初めに、人間が生きる為に必要なエネルギーを作る「代謝」についてお話したいと思います。
その代謝ですが、3つの種類がありますので、順にご説明致します。

  1. 基礎代謝

じっとしている時に消費する代謝。
内臓を動かしたり、体温を維持したりと、生命維持の為に消費する代謝の事です。
(一番聞き覚えがあるのでは、ないでしょうか。)

 

  1. 生活活動代謝

身体を動かす際に消費する代謝のことです。
運動時は、この代謝を消費します。

 

  1. 食事誘導性熱代謝

食べたものをエネルギーに変える時に消費する代謝のこと。

 

 

割合的には、基礎代謝60%生活活動代謝30%、食事誘導性熱代謝10% ぐらいです。

食事誘導性熱代謝は、1日のうち10%ほどなのですが、案外馬鹿にならないです。

 

食事誘導性熱代謝は。食べる栄養素によって消費カロリーが違ってきます。

糖質6%・脂質4%・タンパク質30%

この中で一番カロリー消費が大きいのがダントツでタンパク質です。

(目安として、タンパク質を100kcal取ると、30kcal消費されることになります。100kcalのタンパク質をg換算すると、大体25g位です)

成人の1日あたりの平均摂取カロリーが2200lcalなので、タンパク質を積極的に摂取すれば、30分くらいの有酸素運動のカロリー消費は可能だと思います。

なので、タンパク質は、積極的に取るようにしましょう!

因みに食事誘導性熱代謝のタンパク質消費カロリーですが、プロテインのような加工されたものでは、カロリー消費されませんので、肉のかたまり等のリアルフードでとるようにしましょう!

 

 

著:Be-fit light24 川西能勢口店 片岡店長

https://be-fit-light.jp/kawanishi/

Author: bfl-muscular

一緒に理想のカラダ作りを目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA