【筋トレ】下半身・脚部のトレーニング方法①

本日は脚(下半身)のトレーニングをご紹介します。

体の筋肉の70%が下半身の筋肉という事を知っていますか?
歩いたり走ったりと、上半身を支えながら行動をしなければいけませんので、70%の筋肉が下半身にあるのです。
下半身に筋肉量が不足すると、歩いたりすることすらままならなくなってしまいますので、筋力が低下する前に鍛えることが重要です。
下半身を鍛えるメリットをご紹介します。

 

ダイエット効果が抜群に向上

なぜ下半身の筋肉とダイエットが関係あるのか?という事を少し紹介しましょう。筋肉を鍛えて筋量を増やすと、基礎代謝が増えます。
つまり、何もしていなくても消費するカロリーの量が、筋量の多い人のほうが多くなるのです。そして、身体の筋肉の70%が下半身という事は、足を鍛えることで基礎代謝の大幅アップに繋がります。

 

綺麗な姿勢を保ち、ポッコリお腹になりにくい。

中年になるとお腹がポッコリと出てくる方が多いかと思います。
下半身が弱いと姿勢の維持ができなくなってきます。
そして姿勢が悪くなると、内臓を支える筋肉も弱くなる為、ポッコリお腹につながってきます。
下半身を鍛えることで綺麗な姿勢を保つことが出来、ポッコリお腹になりにくい体に繋がります。

 

血行促進・冷え性対策に

脚を鍛えることで血行が促進するとも言われています。
下半身の筋力が弱いと、血液を送り返すことができなくなってしまいます。
しかし、脚の筋トレを行い、下半身を鍛えていると血流が良くなり、血行不良からくる冷え性などにも良くなります。

 

 

自重トレーニング

■スクワット

脚の代表的なトレーニング
後ろのベンチに腰掛けるようにしゃがみ、体を上げ下げする。
この時腰が曲がらないように気を付ける。

脚部のトレーニング①

 

■ランジ

片足を前に出して、曲げた方の脚でしっかり踏み込む

脚部のトレーニング①

 

■ヒップリフト

仰向けに寝て脚を体育座りのような形にして
お尻をぐっと突き上げる

脚部のトレーニング①

 

 

マシントレーニング

■レッグプレス

スクワットに近い動きで、腰への負担が少ない種目

脚部のトレーニング①

 

■レッグエクステンション

脚を前に押し上げて、脚の前側(大腿四頭筋)を鍛える種目

脚部のトレーニング①

 

■レッグカール

脚を下に引き下ろして、脚の後ろ側(ハムストリングス)を鍛える種目

脚部のトレーニング①

 

■カーフレイズ

つま先立ちを繰り返して、ふくらはぎを鍛える種目

脚部のトレーニング①

 

■アダクション(内転)

脚を閉じる動きで、内転筋(ももの内側)を鍛える種目

脚部のトレーニング①

 

■アブダクション(外転)

脚を開く動きで、外転筋(お尻の外側)を鍛える種目

脚部のトレーニング①

 

 

紹介する量が多くなってしまったので、①は自重とマシンの紹介で一旦区切ります。
次回、脚トレ②ではケーブルとフリーウェイトのトレーニングをご紹介します。
お楽しみに~☆

 

 

著:Be-fit light24 南草津店

https://be-fit-light.jp/minamikusatsu/

Author: bfl-muscular

一緒に理想のカラダ作りを目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA