体組成計について(詳解)

体組成計

今回は、フィットネスジムに設置されている体組成計(たいそせいけい)の内容について詳しく紹介してみます。

まず最初に、体組成計体重計の違いについて軽く説明します。

一般家庭にある体重計は一部の種類を除いて自身の体重しか分かりません。他方、体組成計では、体重はもちろん体重の中でも体内の成分を細かく分類し測定することが出来ます。

では細かく何が測定で分かりそれは何なのかご紹介していきます。

体組成計について

基本の全身チェックの項目画面です。 項目がずら~っと並んでいますが、これだけの項目の体のデータがわかっちゃうのですよね。では、以下各項目を説明してみますね。

 

体組成計全身チェックの項目説明

 

①体脂肪率

・体重に対してどれだけ脂肪があるかを示しています。

②脂肪量

・体の脂肪分だけの重さを表しています。

③除脂肪量

・体重から脂肪の重さを除いた、脂肪以外の成分(筋肉・水分・骨など)の重さです。

④筋肉量

・脂肪量と骨塩量を除く組織量の事です。

⑤体水分量

・からだの水分量の事で、血液やリンパ液、細胞間液、細胞内液などからなります。

⑥BMI

・『体重(㎏)/身長(m)』で計算され肥満学会では適正体重が『22』とされ、統計的に最も病気になりにくい体重とされています。25以上を肥満、18.5未満を低体重と分類しています。

⑦推定骨量

・骨全体に含まれる骨塩量(こつえんりょう)を測定します。

 

体脂肪率と筋肉量による体型判定

つづいて、体脂肪率と筋肉量による体型判定の画面です。この画面では、体脂肪率と筋肉量を合わせて総合的に体型を評価しています。体重だけ見分けれない体組織が一目瞭然です。

現状の体型を認識していただき、よりバランスのとれた体型を目指すための指標となります。

 

体組成計について

 

18歳以上の体脂肪率判定基準は以下のとおりです。標準的な体脂肪率は、男性で20%前半、女性で30%台ということですね。

体組成計について

 

基礎代謝量

基礎代謝量とは『生きていくために最低限必要なエネルギーのこと』で、同じ体重でも筋肉量が多い人の方が基礎代謝は高くなります。
基礎代謝基準値の年代ごとの平均値と統計的分布に基づいて、基礎代謝を、『燃えにくいー基準―燃えやすい』で表示してます。
ご自身の基礎代謝量を体重で割って、基礎代謝基準値と比較してみましょう。

体組成計について

体組成計について

 

内臓脂肪レベル

内臓脂肪は、筋肉の内側についた脂肪の事で1~59でレベル表示しています。
医学的には腹部Ⅹ線―CT画像による実測値で100cmを超えていると、生活習慣病を起こす可能性が高いと言われています。
レベル10はおよそ内臓脂肪断面積100cmに相当します。

体組成計について

体組成計について

 

部位の分析

部位別の脂肪率と筋肉量を、-4から+4の9段階で評価します。
部位筋肉量:トレーニングの結果や左右バランスを確認べきます。
部位体脂肪:どの部位が全身の体脂肪率を押し上げているかなどを確認できます。

体組成計について

体組成計について  体組成計について

 

体組成計のご利用にあたって

初回、体組成測定される場合は、お客様のご年齢・身長から出される標準値と比較して頂き、特に脂肪量がどれぐらい標準と異なっているかを見て頂きます。
その後、1か月~3か月経過後のタイミングで再度測定して頂くとトレーニングの成果が反映されたデータを見ることが出来ます。

サボった方はサボったデータとして出てしまいますよ(^^;。

尚、1日や1週間程度ではデータとしてはあまり変化しませんので毎日測るのは体重のみで問題ありません。

標準より脂肪量が多く、男性で体脂肪率が25%以上、女性で30%以上の方は肥満とされております。そのため、有酸素運動で脂肪を減らして頂くようにお勧めしております。

また、筋肉量の標準はありませんが、求め方があります。

 

【筋肉量の求め方】

① 除脂肪体重/2 = 筋肉量
筋肉量から筋肉率を計算します。
② 筋肉量 / 体重 = 筋肉率

除脂肪体重は「体重-(体重×体脂肪率)」で求められます。

筋肉率の比較は以下になります。
【低】男性:30.9%以下、女性:25.9%以下
【標準】男性:31.0〜34.9%、女性:26.0〜27.9%
【やや高】男性:35.0〜38.9%、女性:28.0〜29.9%
【高】男性:39.0%以上、女性:30.0%以上

となります。
ご自身の筋肉量が高いのか低いのかを把握し、標準以上の筋肉量を目指しましょう。
また、目標がない人は長続きしませんが、筋肉量をここまで上げるなどの目標を設定するとモチベーションも保てるのではないでしょうか。

トレーニング方法が分からない方はスタッフまでお気軽にご相談くださいね!

 

 

著:Be-fit light24 南草津店

https://be-fit-light.jp/minamikusatsu/

Author: bfl-muscular

一緒に理想のカラダ作りを目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA